FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストリップ観劇にハマっているある男の幸せな一日に・

ストリップ(以下、スト)って観たことありますか?^^

いわゆる抜き系の風俗店ですら、行かれたことが無い方も多くいると思いますが、
ストリップはさらにハードルが高いイメージがありませんかね?

実際のところ、ストによく行く人は(私も含めてw)個性的な方もいますし、
劇場内ではあれ!?って光景を見かけることもあります。

でも、ストリップも楽しいんですよ~(笑)


以下は、スト観劇が大好きな超初心者の男(A)が一日楽しんできた様子です。


某年2月スト観劇前夜 (ネットで各劇場のHPを見ながらの独り言)

「今週も観たい香盤が多いんだよなぁ・・・何処に行こうかなぁ?」
「おおっ!大和でIさん周年じゃん。Aさんも出るし、これは行かねば・・・^^」

ストは基本は10日開催ごとにメンバーが替わります。
1日~10日までが「頭」、11日~20日までが「中」、そして21日以降を「結」と呼びます。
つまり、2月15日は期間的には「2中大和」と表記します。

実際に舞台に上がる舞姫の予定のことを「香盤」と呼び、それを書いたものが香盤表です。

周年はデビュー○周年の略で、2月15日がデビューならば毎年「2中」がお祝いの週になります。

ちなみに10日間の中で、1・5・10日目をそれぞれ、「初日」・「中日」・「楽日」と呼びます。
舞姫によっては中日で演目を変える方もいます。

それはそうと、実際に遊びに行く前の妄想timeって、めちゃくちゃ幸せな時間ですよね。
この男もウキウキでパソコンの前にいましたから(笑)

某年2月スト観劇当日劇場にて

「うーん開演前に来たけど、平日なのに結構混んでるなぁ・・・。」
「盆周りのかぶりつき席も埋まってるし・・・^^;」

開場は開演の一時間以上前になりますが、良い席を取るために開場前から並んでいる方もいます。

ストの多くは1日4回公演を行いますが、入れ替え制ではないので、一度料金を支払えば
初回から最後まで楽しむことができます(もちろん、いつ帰ってもOKです)。
外出は劇場によってルールが異なりますが、席を確保して出掛けるならば常識の範囲内で。

舞姫が演じる場所が舞台です。
舞台は主にダンスが繰り広げられる本舞台(ステージ)と脱衣パートに欠かせない盆、
それに花道に分かれます。
一般的にステージの中央から客席に伸びている通路が花道で、
その先端にある円形や正方形のスペースが盆になります。
この盆の周りが所謂かぶりつき席と呼ばれ、舞姫に一番近い席なので人気があります。

個人的にはニ列目あたりの席のほうが舞台全体を見渡せると思いますが、タッチショーで
お触りしたい方やアソコをよく見たい方は最前列が必須になります(笑)

着席して開演を待ってると、隣に座った方に話しかけられたようです。

客 「今週はIさんの周年だから、花輪がすごいねぇ。」
A 「そうですね。○周年ですから」
客 「ここの常連かい?」
A 「いや、まだ初心者です(笑)今日はAさんの応援で・・・ミカドの姫が好きなんですw」
客 「そう。私は△△からIさんのお祝いに来たんだよ。」

舞姫さんの多くは劇場に所属しています。
劇場は全部で30以上ありますかね?^^
これは私見なんですが、大別するとロック系と非ロック系に分かれる気がします。
何となく所属劇場によって違いがあるような気がするので、そこら辺も見てると面白いですよ。

観劇を続けていると、自然とオキニの姫ができてきます。
そうするとその姫をまた観たいと思って、何度も劇場に足を運んだり、他の劇場まで駈けつけて・・・。
追っかけと呼ばれる人になれます(笑)
悪い意味ではなく、純粋にその姫を応援しているファンになってください^^

ちなみに劇場内はお酒を飲みながら観劇している人も多いし、
正直、お客さんの年齢層は風遊に比べれば高めです。
また、年齢が離れていても喋りかけてくる人も少なくはありません。
風遊とは違う楽しみですが、こういったコミュニケーションが抜群に面白いんですよねェ。


場内が暗くなり開演を知らせる音楽(アナウンス)が会場に響き渡ると、いよいよショーの始まりです。
この日は最初の姫が天板とタッチショーのようです。


客 「この天板の人何て読むの?」
A 「Jさんですよ」
客 「人気があるんだなぁ。5人もじゃんけんしてるよ。」
A 「そうですね、今日は多いかも。」

天板ショーとは天狗ベッドショーの事で、もともと天狗のお面(の鼻の部分)を使っていたものが、
現在はそれ以外にもバイブを使う時も同じように呼びます。
天板ショーの時は、希望のお客さんにステージに上がってもらい、協力してもらいます。
協力と言っても、お客さんは脱ぎませんよw
姫の動きに合わせて体を撫でるようにタッチしたり、バイブを動かしてあげる演出の共演者として
舞台に上がるんですが、これ、結構難しいです。
だいたい決まった常連さんがいるんですが、中には安定感たっぷりのプロ級の人もいたりして。

えっ!?
Aですか?
彼はチキンですから、一生舞台に上がることは無いでしょう(笑)

客 「そろそろタッチだな。寒くて手が冷たいよ。」
A 「そうですね。手を温めないと・・・。」

タッチショーの時は言葉通り、舞姫の胸などに触れることができます。
舞台周りのお客さん中心ですが、空いてる時は後ろの席でも声を掛けてくれることもあります。
もちろん手は温めなくてもタッチできますが、冬は舞姫に冷た~いなんて言われてしまうかも(笑)
タッチが終わると最後はオープンショーです。
想像に難くないと思いますが、舞姫が音楽に合わせてアソコを見せてくれる時間です。
この時ばかりは覗き込んでも大丈夫ですよ~って言うか、嬉しそうに覗き込みましよう(笑)

一人目の舞姫が終えると、これ以降は舞姫に触れることができない旨のアナウンスがされ、
ダンスショーの始まりです。

舞台にはAのお目当ての姫が登場。
Aがニタニタしながら、手拍子して応援していると・・・。


客 「彼女はなんだか普通のお嬢さんぽい(舞姫だ)ねぇ。」
A 「そうですね。そこが良いんですよ♪」

天板以外の姫はダンスとポラという構成になります。
ダンスは最初の数曲で華麗に舞い、中盤の曲から脱衣開始。
最後は盆上でベッドショーというパターンが多いようです。
ベッドと言っても、家具のベッドを持ち込むわけではありません(笑)
ダンスショーの後に行う寝たままの演技の総称で、大別するとポーズ中心のものと、
オナニーが入るものに分かれます。

舞姫が行うポーズには代表的なものとしてスワンやシャチホコ、ブリッジなどありますが、
これは何となく形が想像できるんじゃないでしょうか?(説明できないので想像してください 笑)。
あとはアソコが見えるように脚を開いたポーズですね。
これらのポーズを決めると舞姫が動きを止めますので、動き出すまで観客は拍手をします。
某常連さんの話しだと、観劇中の拍手は賞賛&応援の意味があるそうです。

拍手はポージング時以外にも、先程の天板で舞台に上がったお客さんが戻ってくる時や
お客さんが舞姫に贈り物をする時(または逆のパターン)など、他にも様々な場面で沸き起こります。
そうそう、ダンスショーの時には手拍子をしている方もいますね。
音楽に合わせて手拍子をするのって意外と難しいもんですが、
周りに合わせて手を叩いていれば無問題です。

各舞姫さんの応援隊に言わせればポイントなどがあるかもしれませんが、
スト観劇は大人の娯楽です。

最低限のマナーはあるでしょうが、まず自分が楽しむことが第一だと思います。

大丈夫です!
たとえ、少しタイミングが狂ったとしても、周りの目は舞台に釘付けなので気づかれませんから(笑)

尚、自分が楽しむという観点からも、前述している拍手や手拍子などは強制ではありません。
じっくり観劇したい方もいるでしょうし、実際に手拍子などしていない方も少なくありません。

自分なりの観劇でOKです。

ダンスショーが終えると、続いてポラロイド撮影のアナウンスが流れます。
場内を見ると、たくさんの写真を手にニコニコしているAの姿が・・・。


客 「いっぱい撮ったねぇ。シール貼るのが大変だぁ。」
A 「そうなんです。大変です(笑) サイン分は預けたんですけど。」

ポラロイドカメラは使ったことのない方が多いかもしれません。
デジカメと比べて距離感の問題や被写体が中心からズレることもあるなど機種によって
若干特徴がありますが、何度も撮っていればわかってきます。

舞姫の多くは先程とは違った衣装に着替えて出てきます。
流れ的には、まずは衣装姿を撮影するお客さんが先で、その後に全裸撮影希望の方になります。

さて、常連の応援客がいる時は問題ないのですが、そうでなかったり、全裸撮影希望客ばかりの時は
一番手が決まるまで一瞬妙な間ができることがあります。
ある意味けん制し合ってる状態なんですが、これは舞姫にもお客さんにも何となく辛い間ですね。
Aなどはこの間が我慢できずにボラを買うことがあるようですが、一人が撮り始めると
後が続いていくのは人間らしいところでしょう。

写真は基本的にはお客さんの好きなポーズで撮ることができます。
全裸撮影時によく撮られているポーズはMやL、Vなどでしょうか。
説明が難しいのですが、いずれも脚の形を示しています。
他には四つん這いでお尻をむける(ノーマル)バックと
その体勢で脚を大きく開いて、そこから顔を覗かせるアメリカンバックなんてのもあります。
そうそう、カエルという変わったポーズもありましたね。
カエルが腹を向けて倒れているように、舞姫に仰向けになってもらい足を抱えてもらうポーズです。
これらのポーズは総称してエロポーズ(エロポラ)と言われ、これに姫に指でアソコを開いてもらう
オープン状態を足してリクエストする方も多いです。
Mのオープンで、という感じです。

ちょっと気をつけたいのは、劇場や舞姫によってはオープンができないことがあります。
それどころか、エロポーズもできない方も。。。
この辺りは、その場で姫に訊いてみてもよいですし、ネットとかでも情報が載っています。

撮った写真にサインをもらいたい時はポラの裏側の余白に
自分の名前など印になるものを書いて預けると、次の回で返してくれます。
サインが要らない時は持って帰るというと、代わりにシールを貼って、
(または渡されて)その場で返却してくれます。
サインが要らない時は自分からシールでって言ってもよいです。

ポラtimeは舞姫と言葉を交わせる貴重な時間でもあります。
個々人が長い時間を掛け過ぎるのもどうかと思いますが、
お客さんが少ない時などは必要な時もあります。

ポラロイド撮影が終わると、最後にオープンショーが行われてから、
次の舞姫の登場となり、以下その繰り返しです。






しばらくすると、中途半端な時間に劇場を出ていくAの姿がありました。
気持ち悪いくらいニヤニヤしながら、何事かつぶやいています。



「Aさんも可愛かったし、ストリップは最高だなァ・・・また明日も来ちゃおっかなぁ♪^^」



┐(-。ー;)┌


(注. 本文は一部フィクションとなっております。また、内容はあくまで一例にすぎません。)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : 風俗
ジャンル : アダルト

プロフィール

アフロ

Author:アフロ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2投票
無料アクセス解析
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。